子供の貧困、少子化対策で大幅増 内閣府の概算要求

 内閣府はこのほど、来年度予算案の概算要求を公表し、子供の安全・安心の確保や女性の活躍実現、孤独・孤立対策に3兆6794億5800万円(対前年度予算額比112億8900万円減)を計上した。子供の貧困対策や少子化対策などで大幅な増額を求めた。

内閣府の来年度予算概算要求における「子供の安全・安心の確保や女性の活躍実現、孤独・孤立対策」の一部

 このうち、子供の貧困対策には19億1600万円(同16億2000万円増)。内訳として、要支援の子供を広く把握し、アウトリーチ支援につなげる教育・福祉等データベースを構築するための実証調査研究や、貧困状態の子供の孤独・孤立に関する調査研究の実施経費として、1億5300万円(同1億3000万円増)。子供の貧困問題などに取り組むNPOへの支援を行う「子供の未来応援地域ネットワーク形成支援事業」に16億5500万円(同15億500万円増)を充てた。「子供の未来応援地域ネットワーク形成支援事業」では、子供の居場所づくりを行うNPOなどへ、新たに自治体が補助を行う場合の財政支援を実施するとしている。

 また、子供・若者育成支援施策は2億5700万円(同5900万円増)とし、新規事業として、子供に関するデータ・統計の充実・活用など、子供・若者の現状・課題に関する調査研究として6500万円を盛り込んだ。

 少子化対策には3兆6701億7000万円(同166億5300万円減)を計上。このうち、児童手当や保育の受け皿整備などを進める子ども・子育て支援新制度の推進には3兆1863億2500万円(同188億3000万円減)、少子化対策の総合的な推進には34億7800万円(同21億7600万円増)、高等教育の修学支援には4803億6600万円(同増減なし)を充てた。

関連記事