子どもの権利を学級経営に ユニセフが学校向け冊子を作成

 子どもの権利を大切にした教育(Child Rights Education、以下CRE)を推進する日本ユニセフ協会は9月6日、学校向けにCREを解説した冊子『ユニセフCREハンドブック「子どもの権利条約」を学級経営に生かそう~子どもと先生でつくる みんなが尊重される学校・園~』を発行した。子どもの権利を学校・学級づくりに取り入れるためのポイントが図解されている。

 CREでは、子どもも教師も「子どもの権利」について学び、それが実現される環境や学習を共につくっていくことを通じて、お互いの権利を尊重し合うことへの意識を高め、学校を誰もが居心地のいい空間にすることを目指す。

CREがもたらす効果を解説した学校向け冊子

 ハンドブックでは、子どもの権利の基本理念をはじめ、CREが重視する▽権利を通しての学び▽権利のための学び▽権利としての学び▽権利についての学び――が、子どもたちの成長や学校にどのような効果をもたらすのかを整理。子どもの権利について学ぶ実践のヒントとして、学級憲章をつくる活動や、子どもの権利条約の各条文のポイントを絵で表したカード教材などを紹介している。

 ハンドブックは、9月中に全国の学校や幼稚園などに配布される。また、日本ユニセフ協会のホームページでも公開されている。

関連記事