高校入試、出席日数の調査書記載に配慮求める 文科省通知

 新型コロナウイルスへの感染不安から学校に登校できなかったり、分散登校やオンライン授業を受けたりした中学生が来年春の高校入試で不利にならないように、文科省は9月10日、高校の学校設置者である都道府県などに対し、調査書における出席日数などの取り扱いについて配慮を求める通知を出した。高校入試の実施にあたっては、検査による陰性証明やワクチン接種を受検要件にせず、検査による証明やワクチン接種を行わなかった入学志願者が不利益を被らないように求めた。

 通知では、高校の入学者選抜に使う調査書に「出席等に係る日数(「出席日数」「出席停止・忌引き等の日数」「出席しなければならない日数」など)」の記入欄を設けている場合、臨時休校や分散登校、出席停止などが記載されることで、「特定の入学志願者が不利益を被ることがないようにすること」と明記した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの中学校で分散登校や、対面とオンラインを組み合わせたハイブリッド型と呼ばれる授業が行われているが、文科省の通知に沿うと、オンラインなどによって自宅で授業を受ける場合、「やむを得ず登校できなかった生徒」として指導要録上は「出席停止・忌引き等」として記録される。感染への不安から登校していない生徒も同様の扱いとなる。

 義務教育による学校教育は対面による教師と児童生徒、あるいは児童生徒同士の関わり合いを通じて行われるという原則があるためで、こうした「やむを得ず登校できなかった生徒」は欠席扱いにはならないが、登校して対面授業を受けた場合と同様の出席扱いにはならない。オンライン授業では、授業を受けたこと自体は、校長が認めれば、特例として指導要録に記録される。

 高校入学者選抜に使われる調査書では、生徒の欠席日数の記載を求める自治体が多く、この場合、「やむを得ず登校できなかった生徒」は欠席扱いにならないので、調査書に「出席停止・忌引き等」の記録が記載されることはない。だが、文科省によると、一部の自治体では、調査書に出席等に係る日数の記載を求めており、この場合は出席日数と出席停止・忌引き等の日数が記載されることになる。通知では、こうしたケースで、入学志願者に不利益が生じないよう、高校の学校設置者に配慮を求めた。

 また、通知では、高校の入学者選抜の実施に当たり、「PCR検査結果等の陰性証明や新型コロナワクチンの接種を受検要件にしないこと」も明記した。入学志願者が陰性証明を提出しなかったり、ワクチンを接種していなかったりする場合も、これを理由に入学志願者が「不利益を被ることがないようにすること」としている。

 高校の入学者選抜について、文科省は▽スポーツ・文化関係の行事・大会の実績や、資格・検定試験等の成績を評価する際、これらの行事等が中止・延期となってしまった場合は、参加できた他の行事等の実績・成績等を評価すること▽調査書において、学習評価の内容、諸活動の記録や指導上参考となる諸事項の記載が少ないことをもって、不利益を被らないようにすること▽追検査等の機会を設け、受検機会を確保すること--などをすでに6月4日付で通知している。

 オンライン授業を受けた場合、対面授業と同じ出席扱いにはされないことを巡り、児童生徒や保護者からは、不利益を恐れて、不安を訴える声が出ている。こうした状況について、萩生田光一文科相は9月7日の閣議後会見で、不安の解消に向けた通知を改めて行う考えを示していた。

関連記事