熊本県立高森高校に漫画関連学科 設置検討に向け連携協定

 熊本県教委はこのほど、漫画の出版事業や著作権管理事業を行い、同県高森町に第二本社を置くコアミックスと連携協定を結び、同町にある県立高森高校に、漫画に関する新たな学科を開設することを目指すと発表した。

 高森町には、アーティスト育成施設「アーティストビレッジ阿蘇096区」があり、エンターテインメント業界と連携したまちづくりを推進している。今回の連携協定によって、県教委は漫画関連学科の設置に向けた検討を行い、高森町では町営学生寮の整備などを進める。

 また、学科の開設に向けて、コアミックスでは授業の講師をはじめ、生徒の進路や漫画に関する授業に必要な機器、設備などの助言を行うとしている。

 漫画関連学科の開設時期や定員などは未定。

 高森高校の安方幸子教頭は「手始めに、漫画家の方に来ていただいて、総合文化部の生徒が描いたイラストを講評してもらうことを行っているが、プロの方を前にして子どもたちの目はキラキラしている。本校は高森町に唯一ある高校ながら、全校生徒は88人という小規模校。これをきっかけにいろいろなところから生徒が来てくれれば、高森町にも恩返しができる」と期待を寄せる。

関連記事