オンライン授業の出席停止扱い 文科相、表現の再検討を指示

 新型コロナウイルスへの感染不安からオンライン授業を受けた場合、指導要録上「出席停止・忌引き等」欄に記入されることについて、末松信介文科相は10月15日の閣議後会見で、「保護者、生徒の皆さんがどう受け止めるか、改めて考えている。言葉の問題なので、表現についてもう一度、文科省内で検討できないか指示している」と述べ、表現の再検討を指示したことを明らかにした。出席停止という呼び方などの見直しを求めた指定都市市長会の緊急提言を受け、文科省としての対応を説明した。

指導要録の用紙を見せながら説明する末松文科相

 末松文科相は、指定都市市長会の緊急提言について、「ご要望は、児童生徒が分散登校などにより、自宅等でオンラインを活用した学習指導を受けた場合、出席停止と扱うことについて、その呼び方を改められないかという内容であったと承知している」と、内容を紹介。

 その上で、「誤解があったと思うが、まず文科省としては、分散登校などにより、自宅等でオンラインを活用した学習指導を受けた児童生徒を出席停止と取り扱うとの方針は示してはいない。文科省としては、こうした児童生徒の皆さんについては、指導要録上、その日数を『出席停止・忌引き等』の日数の欄に記録するよう求めている。この欄に記録された日数は、出席を要する日数からそもそも除外をされるため、出席にも欠席にもならず、入試等においても、不利益を被ることがないようにしている」と述べ、これまで全国の教育委員会に宛てた通知やホームページ上の「教育活動の実施等に関するQ&A」で示してきた文科省の対応を改めて説明。「まだ十分に学校関係者や保護者に伝わっていない部分があると思うので、児童生徒や保護者の不安解消に向けて取り組んでいきたい」と、理解を求めた。

 この説明に対して、「出席停止と取り扱う方針は示していない」としながらも、「『出席停止・忌引き等』の欄に記録する」のは分かりにくいのではないか、と記者側から質問が出た。

 末松文科相は「『出席停止・忌引き等』は出席でも欠席でもない。(出欠日数を数える)分母から外すということ。(感染不安によるオンライン授業は)『出席停止・忌引き等』の『等』に含まれる」と、文科省の対応をさらに掘り下げて説明した。

 その上で、「指定都市市長会からは『やはり出席停止という言葉が前に出てしまう。響きもあまり良くない。誤解を与えるのではないか』という話があった。私も指導要録に、こう書かれた保護者、生徒の皆さんがどう受け止めるか改めて考えている。言葉の問題であって、中身は全く変わるところがないので、表現についてもう一度、文科省内で検討できないか、今、指示している」と述べ、指定都市市長会の要望を受けて、出席停止・忌引き等という言葉の使い方を含め、表現の見直しについて事務方に検討を指示したことを明らかにした。

 全国の20政令市で作る指定都市市長会は10月12日の緊急提言で、新型コロナウイルスへの感染不安からオンライン授業を受けた場合、「出席停止・忌引き等」として取り扱われることについて、児童生徒や保護者に戸惑いや不満があると指摘。文科省に申し入れを行った清水勇人・さいたま市長は「『出席停止』という表現では、オンライン授業がプラスのイメージにならない。対面授業が一番いいのは当たり前だが、緊急事態の中、学びの場を確保する選択肢としてオンライン授業があることが、真っすぐに保護者に伝わってほしい」と述べ、出席停止という呼び方の見直しなどを検討するよう求めた。

 文科省の通知では、感染不安からオンラインで授業を受けた場合には、やむを得ず登校できなかった児童生徒として扱われる。指導要録上は「出席停止・忌引き等」として記録され、欠席扱いにはならないが、通常の対面授業と同じ出席扱いにもならない。オンライン授業を受けたこと自体は、校長が認めれば、「特例の授業」として指導要録に記録される。さらに10月1日付の通知では、オンライン授業を受けた日数を指導要録の「出欠の記録」の備考欄にも記入することとし、調査書に転記する際、オンライン授業を受けていたことが明確に分かるようにした。入試での不利益が生じないよう、大学・高校入試で作成する調査書には、出欠の記録に関する事項のうち「出席停止・忌引き等の日数」と、それが推測できる「授業日数」を記載しないことも通知している。

 こうした文科省の対応には、義務教育の授業は対面で行われるのが原則で、オンラインや通信制では代替できない、という基本原則が背景にある。小中学校におけるオンラインを活用した授業は、感染症や災害発生時など対面授業ができない非常時に限定して行われるほか、不登校や病気療養などやむを得ない理由で登校できない児童生徒に対する学びの保障の手段として活用される、との立場をとっている。

あなたへのお薦め

 
特集