ワクチン未接種の教員にPCR検査 川崎市で11月から

 川崎市は10月19日、新型コロナワクチンを接種していない市立学校の教員を対象に、週に1回の頻度でPCR検査を実施すると発表した。11月下旬から実施する方針。再度の感染拡大の予兆や感染状況を早期に探知し、学校での感染拡大のリスクを低減することが狙い。

 同市によると、対象はワクチンの未接種者に加え、2回接種済みであっても基礎疾患を抱えるなど、重篤化するリスクが高い教職員や再任用短時間勤務職員。唾液採取型のPCR検査キットを週に1回個別に配付して、検査する。検査時はプライバシーなどに配慮して対応するという。

 陽性となった場合は、速やかにかかりつけ医に受診し、正確な検査を受けるように促す。

 また同市立学校教職員の、コロナワクチン接種に関する任意調査の結果も公表。9月30日時点で、1回目、2回目共に接種済みの教員は5916人と全体の79%を占めた。1回目のみ接種済みは745人(10%)、未接種だが予約済みは121人(2%)だった。接種するつもりだが、いまだ予約を取れていない教員は253人(3%)いた。

あなたへのお薦め

 
特集