【教員×投票】「#教師のバトン」継続 現在のあなたの評価は?

教職の魅力をツイッターなどで発信するため、文科省が今年3月に開始した「#教師のバトン」プロジェクトについて、末松信介文科相は10月26日の閣議後会見で、「現時点では続けたいと考えている。政策を策定していく上で、私は一つの根拠にしたい」と述べました。同プロジェクトは開始直後から、教職の魅力よりも学校現場の労働環境改善を訴える声が相次ぎ、文科省が教員や学校現場の本音を拾おうとしている姿勢を評価する声もあれば、プロジェクトそのものへの批判も多く寄せられました(参照記事:#教師のバトン継続を表明 文科相「政策策定の根拠に」)。

現在、あなたは「#教師のバトン」プロジェクトをどう評価していますか?

あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから

Facebookコメント

Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。

あなたへのお薦め

 
特集