今年生まれの子どもの名前 男の子は蓮が4年連続1位

 今年1~9月に生まれた新生児に、どんな名前が多く名付けられたかを調べた「赤ちゃんの名前ランキング2021」を11月2日、ベネッセコーポレーションが公表した。男の子の名前では「蓮(れん)」が4年連続トップに、女の子の名前では「陽葵(ひまり)」と「紬(つむぎ)」が同率1位となった。

今年生まれの子供の名前ランキング

 男の子のランキングは2位が「陽翔(はると)」、3位が「蒼(あおい)」、4位が「樹(いつき)」。5位は「湊(みなと)」と「朝陽(あさひ)」が同数で並んだ。1~4位は昨年の順位から変動はなかった。

 女の子は3位が「凛(りん)」、4位が「芽依(めい)」、5位が「葵(あおい)」だった。このうち「あおい」と読む名前は男子でも3位に入っており、他にも「ひなた」や「はる」など、性差を感じさせない名前にも人気が集まっている。

 名前に用いられている漢字に着目すると、男の子では「翔」や「斗」「大」「陽」「太」が、女の子では「花」や「菜」「莉」「乃」「結」が、それぞれトップ5にランクインした。

 また、名前の読みでは、男の子は「はると」や「りく」「みなと」「はるき」「あおと」が、女の子では「えま」や「みお」「つむぎ」「めい」「あおい」がトップ5となった。

 調査は2005年から毎年実施しており、今回は今年1月1日~9月28日に生まれた新生児を対象に、子育てブランド「たまひよ」の商品・サービスを利用した保護者が任意で回答。男の子10万5784人、女の子10万5255人の名前の読みや漢字を集計した。

 

あなたへのお薦め

 
特集