児童生徒のコロナ感染者数769人 10月、前月の1割以下

 今年10月の児童生徒の新型コロナウイルス感染者数は769人となり、9月(1万2305人)の1割以下の水準まで急減したことが11月10日、文科省の集計で明らかになった。学校が本格的に再開した昨年6月から今年10月末までの間に、幼児・児童生徒の感染者数は8万4211人、教職員は7843人となった。

 10月の幼児・児童生徒の感染者数は▽幼稚園 54人▽小学校 404人▽中学校 157人▽高校 143人▽特別支援学校 11人――で、合計769人。月別に見ると、感染者数が1000人を切るのは昨年10月ぶり。

 昨年6月からの感染者について感染経路を見ると、小学生で70.1%、中学生で57.3%が「家庭内感染」であった一方、高校生では「感染経路不明」が40.2%と最も多くなっていた。教員は58.1%が「感染経路不明」、ついで「家庭内感染」が25.4%だった。同一の学校で複数の感染者が確認された事例は9813件、うち5人以上確認された事例は3300件に上った。

 今回の発表で、感染第5波に見舞われた今年8月の児童生徒感染者は3万3336人、9月は1万2305人にそれぞれ上方修正された。

あなたへのお薦め

 
特集