出前授業への負担を軽減 企業と学校のマッチングサイト

 企業と連携した授業をしたいけれど、伝手がない――。そうした学校の悩みを解決しようと、子ども教育科学創造研究所(SCLA)はこのほど、出前授業を提供する企業と出前授業を希望する学校をつなげるマッチングサイト「出前授業どっとこむ」を開設した。学校も企業も無料で登録でき、手間のかかるスケジュール調整などもコンシェルジュが担う。

出前授業を行う企業と学校をマッチングする「出前授業どっとこむ」

 地域に開かれた学校づくりを推進する上で、キャリア教育などで企業が学校に出向き、さまざまな体験活動や普段の授業ではできない学習を提供する出前授業へのニーズが高まっているが、学校現場では企業とのつながりがなかったり、授業の狙いや日程を調整する業務が負担になったりしている。

 この課題を解決しようと、11月に本格オープンした「出前授業どっとこむ」では、小学校から高校までで、対象となる学年や実施目的、教科・分野などを指定することができ、条件に合った企業の出前授業を検索できる。出前授業の実施を実際に検討したい場合は、問い合わせフォームに必要事項を入力すると、出前授業コンシェルジュと呼ばれる専門スタッフが企業との間に入り、条件のすり合わせやスケジュール調整なども行う。

 SCLAの担当者は「企業と出合う機会が少なく、教員も忙しいという学校からの声を受けてスタートさせた。現在、さまざまな企業に参加を働き掛けており、今後の充実に期待してほしい」と話している。

あなたへのお薦め

 
特集