コロナでの保育所休園で 子どもの社会情動的スキルが低下

 新型コロナウイルスの感染拡大による長期間の保育所の休園がどのような影響を与えたかを調べた、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野の藤原武男教授と土井理美特別研究員の研究グループはこのほど、第1波の間は、保育所に通っている子どもたちの社会情動的スキルが低下傾向にあったことを明らかにした。一方で、研究結果からは通常の保育・幼児教育が長期間実施できない状態で、行事の存在が子どもの社会情動的スキルの低下を防ぐ可能性が示された。

社会情動的スキル得点の保育所ごとの変化(東京医科歯科大学提供)

 研究グループでは、偶然、新型コロナウイルスの感染が拡大する前の2019年11月と20年1月、新型コロナウイルスの感染が拡大した第1波の最中にある20年3月の計3回にわたって、社会情動的スキルを測定する指標を用いて、都内3カ所の保育所に通う4~5歳の子ども計32人を担任の保育士が評価したデータを取っていた。

 対象となった3つの保育所では、20年3月2日から自主的な封鎖が行われ、そのうち2つは行事である発表会を中止していたが、残りの1つの保育所では3月4日に発表会を行っていた。

 この縦断的なデータを活用して、新型コロナウイルスの第1波による保育所の自主的な封鎖や行事の縮小が、社会情動的スキルにどのような影響を与えたのかを分析したところ、発表会を中止した保育所の子どもは、新型コロナウイルスの感染拡大前と比べて、第1波の間の社会情動的スキルの得点は低くなっていた。しかし、発表会を実施できた保育所では、3回の評価で社会情動的スキルの得点が上昇傾向にあった。

 研究成果を踏まえ、藤原教授は「第6波が懸念されているが、子どもの成長を維持するためにイベントなどは中止することなく、感染対策をしながら、何とか実施していくのが良いと思う」と話している。

 この研究成果は10月21日付の精神医学の国際誌「Frontiers in Psychiatry」オンライン版に掲載された。

あなたへのお薦め

 
特集