ユネスコ加盟70年で特別座談会 各地のESD実践にエール

 持続可能な社会の創り手を育む教育(ESD)の推進に向けて、第13回ユネスコスクール全国大会・ESD研究大会(文科省、日本ユネスコ国内委員会主催)が11月27日、オンラインで開催された。日本のユネスコ加盟70周年を記念した特別座談会が行われ、気候変動問題などの世界的な課題に対して主体的に行動していく子どもたちを育てるために、今こそESDやユネスコスクールの真価が問われていると、登壇者から期待を込めたエールが送られた。

日本のユネスコ加盟70周年を記念して行われた特別座談会

 前回大会に引き続き、新型コロナウイルスの感染防止対策の観点からオンラインで開かれた第13回大会は、約300人がYouTubeから各プログラムを視聴。開会式にビデオメッセージを寄せた末松信介文科相は「今、人類は、新型コロナウイルス感染症との戦いに加え、気候変動、生物の多様性や天然資源枯渇など地球規模の課題に直面している。これらは地球上の誰もが避けて通ることのできない、人類一人一人が抱えている課題だ。『自分たちが社会の課題にコミットしなければ、自分たちの未来が脅かされる』という危機感は、先だって行われたCOP26においても各国のリーダーから表明された。世界的な課題を『自分事』として捉え『持続可能な社会の創り手』の育成を行うESDは、世界の標準となっていく教育と言える」と、ESDの意義を強調した。

 日本のユネスコ加盟70周年を記念して行われた特別座談会では、ユネスコスクールの実践とESDの可能性について、関係者が意見交換した。

 前日本ユネスコ国内委員会会長である安西祐一郎・慶應義塾大学名誉教授は、平和の実現を求めた戦後の日本社会がユネスコの理念に共鳴し、さまざまな活動が展開されてきた歴史的経緯を振り返り、「ユネスコの活動が戦後間もなく、熱気にあふれて始まった当時をわれわれは共有しないといけない」と呼び掛けた。その上で「子どもたちには、これからも平和な時代に暮らしてもらいたい。子どもたちが元気に、日本の津々浦々、そして世界で活躍してほしい。そのためのリベラルアーツの素地として、ユネスコスクールはあるのではないか」と期待を寄せた。

 日本ユネスコ国内委員会広報大使の末吉里花・エシカル協会代表理事は、ユネスコスクールに加盟している東京都大田区立大森第六中学校の授業を視察したときに印象的だったこととして、あらゆる教科で気候変動や持続可能な暮らしといった、世界の課題と関連付ける実践が行われていたことを紹介。「こうしたESDの学びが教室を飛び越えて、家庭や地域に及んでいくのだろう。子どもが地域に発信することで地域が変わり、温かな循環が生まれるという希望を感じた」と高く評価した。

 一方で末吉氏は、気候変動について、日本の大人たちの問題意識は低いと指摘。「課題の解決のために真剣に頑張っている若者が、自信を持って活動に邁進(まいしん)していけるような環境を整えてあげる必要がある。本気になっている大人が身近にいると子どもたちに実感してもらえるように、ロールモデルとしての教師の役割は大きい」と強調した。

 市内の全ての公立小中学校がユネスコスクールに加盟している福岡県大牟田市の安田昌則・前教育長は、ユネスコスクールを核としたまちづくりについて説明。「学校では、ESDによって教育活動が充実し、自分の考えで行動する子どもが増えた。地域では多様な団体が重層的に連携している。特に最近は、ESDを経験した中学生が、これを次世代に継承したいと、本市の教員として着任したのはうれしかった」と、長年の取り組みの成果を報告した。

 大会ではこの他に、東日本大震災の発生から10年を受け、防災教育とESDをテーマとしたパネルディスカッションや、ESDの教育実践を発表する分科会が行われた。

 閉会式では学校におけるESDの優れた取り組みを表彰する「ESD大賞」の発表があり、文部科学大臣賞は東京都の渋谷教育学園渋谷中学高等学校が、ユネスコスクール最優秀賞は宮城県気仙沼市立鹿折(ししおり)小学校が受賞した。

あなたへのお薦め

 
特集