『現代の国語』小説掲載の教科書がトップ 文科相「説明不足だった」

 来年4月から高校の必修科目となる『現代の国語』で、芥川龍之介や夏目漱石などの小説5作品を載せた教科書が占有率トップになったことが分かり、末松信介文科相は12月10日の閣議後会見で、「『現代の国語』に小説が盛り込まれることは、本来、想定していなかった。学習指導要領の趣旨が十分浸透していないということであり、教育現場にはもう一度丁寧に話を下ろしていきたい」と述べ、改めて新たな学習指導要領の狙いについて学校現場に理解を求めていく考えを示した。

 文科省が12月8日に公表した2022年度使用教科書の需要数集計結果によると、高校の『現代の国語』では、検定に合格した8社17点の教科書のうち、唯一小説を掲載した第一学習社の「高等学校 現代の国語」が19万6493冊、占有率16.9%で1位となった。2位は東京書籍の「新編現代の国語」で18万3714冊、占有率15.8%だった=表参照

 来年4月から高校で完全実施される新学習指導要領では、国語の必修科目を『国語総合』(4単位)から、『現代の国語』(2単位)と『言語文化』(2単位)に再編。『現代の国語』は、実社会で必要な国語の知識や技能を身に付けることを目標に掲げている。

 文科省では、教科書検定に当たり、『現代の国語』で扱う題材は評論や法令、企画書など「論理的・実用的な文章」で、小説など文学的な文章は想定していないと説明。こうした文科省の方針を受けて、第一学習社以外の出版社は小説の掲載を見送った。一方、第一学習社の「高等学校 現代の国語」は、芥川龍之介『羅生門』、原田マハ『砂に埋もれたル・コルビュジエ』、夏目漱石『夢十夜』、村上春樹『鏡』、志賀直哉『城の崎にて』の小説5作品を載せ、検定に合格。各教育委員会による採択の結果、第一学習社の「現代の国語」が、教科書大手である東京書籍の「新編現代の国語」をしのいでトップに躍り出た。

国会内で記者会見する末松文科相

 末松文科相は会見で質疑に応じ、この結果について、「教科書採択は採択権者である教育委員会等の権限と責任においてなされているものであり、占有率の評価自体は差し控えたいが、『現代の国語』に小説が盛り込まれることは、本来、想定していなかった」と説明。

 今回の経緯について「これだけの情報社会だから、(生徒には)評論や情報をきちんと分析して読むことができる力を身に付けてほしい。そこのところには小説は考えていなかったが、教科書に載せられ、それが採択された。学習指導要領の趣旨が十分浸透していないということであり、教育現場にはもう一度丁寧に話を下ろしていきたい。誠にもって、説明が不足していた」と、文科省の説明不足にも原因があるとの見方を示した。

 その上で「学習指導要領そのものは法的な拘束力があるが、それをさらに深めた解説には法的な拘束力がない。そういうことは横に置いても、その考え方についてはきちんと現場で理解してもらわなくてはいけない。教科書を編集される方にも、その点は十分考えていただきたい、というのが私の思い」と続け、小説を載せた教科書を『現代の国語』で使用する場合であっても、新学習指導要領の趣旨に十分に配慮するよう求めた。

 さらに、高校国語科の教員について「小説を扱いたい先生がおられると思う。芥川龍之介の小説にしても、使いやすいと思う」とした上で、「やはり時代は変わってきている。情報化社会にあって、例えば、評論の中でいつ誰がどこでどういう話をして、それをこう受け止められて、こういう形になっているというような、正確な理解力をつけていくことは、国語に必要だと思う。学習指導要領の中で、現代の国語については、小説は手控えてほしいという考え方に立っている」と述べ、実社会に必要な論理的・実用的な国語の知識や技能を生徒に身に付けさせることが、『現代の国語』の授業では重要だとの考えを強調した。

 文科省では、小説を載せた教科書の採択が広がった状況を踏まえ、9月27日付で事務連絡を発出。高校の『現代の国語』における指導上の留意事項について、「学習指導要領上、『読むこと』の教材として小説等の文学的な文章を取り扱うことはできない」などと説明している。

 一方、小説を掲載した理由について、第一学習社は「教育現場の先生から、『現代の国語』の授業の中で小説を扱いたいとの強い要望が多く聞かれたことを踏まえた」と説明。採択結果には「『教育現場の声に応える』という当社の編集方針が広く支持されたものと考えている」とコメントしている。

【お詫びと訂正】図表中に誤りがあり、正しくは「明治書院」でした。訂正し、深くお詫び申し上げます。

あなたへのお薦め

 
特集