オミクロン株の濃厚接触者 「別室で受験可能」通知へ

 末松信介文科相は12月27日、臨時会見を開き、新型コロナウイルスの「オミクロン株」の濃厚接触者となった大学の受験生について、PCR検査の結果が陰性で当日も無症状であることなどを条件に、別室での受験が可能であるのを全国の大学に通知することを明らかにした。高校入試や中学入試についても同様の対応を取る方針。末松文科相は「1人でも多くの受験生が適切に試験を受けられるようにすることが必要と考えた。受験生の皆さんには、今後本格的な入試日程を迎えることになるが、体調管理や基本的な感染対策を徹底して試験に臨んでいただきたい」と話した。

大学入試の対応について説明する末松文科相

 オミクロン株の濃厚接触者を巡っては、政府がオミクロン株の濃厚接触者に対して宿泊施設で14日間の待機を求める措置を取ったことから、文科省は他の新型コロナウイルスの濃厚接触者とは別に、無症状でも受験を認めず、追試験などで調整するよう各大学に求める指針を作成し、今月24日に公表していた。しかし、岸田文雄首相が26日、受験生の間で不安が広がっているとして、末松文科相に対して可能なかぎり受験機会を確保するよう指示したことを受けて、改めて対応を検討していた。

 末松文科相は会見の中で、政府全体の方針や追試験などの機会が確保されていることも踏まえて、いったんは受験を認めない指針を了解したが、その後、さまざまな意見が寄せられたことから25日に担当部局に再検討を指示したことを明らかにし、「1人でも多くの受験生が適切に試験を受けられるようにすることが必要であると考えた。オミクロン株の濃厚接触者となった受験生の受験機会確保に、より配慮できないか検討した」と経緯を説明した。

 その上で、新型コロナウイルスの他の濃厚接触者と同様、①PCR検査で陰性であること②試験当日に無症状であること③公共交通機関を利用しないこと④別室で受験をすること――を条件に、受験を可能とする方針を決めたことを明らかにした。オミクロン株の濃厚接触者と他の濃厚接触者を同じ部屋で受験させるかどうかについては、さらに厚労省と協議することにしている。また、高校受験や中学受験についても同様の措置を取るよう求める方針で、28日にも全国の大学などに通知する方針。

 末松文科相は今回の措置について、「一生に1回の受験なので、大切にしないといけないと判断した。受験生の皆さんは本格的な入試日程を迎えるが、体調管理はもとより基本的な感染対策を徹底していただきたい。また、受験生のご家族や学校の先生方も日頃から感染対策を行って受験生を支えていただくとともに、各大学も感染症のガイドラインに則して、試験実施の準備に引き続き万全の対応をお願いしたい」と語った。

 大学入学共通テストは来月15日と16日に行われる。

あなたへのお薦め

 
特集