オミクロン株急拡大と学校運営 全連小・全日中会長に聞く

 新型コロナウイルスのオミクロン株による感染拡大が続いている。これまでにない感染拡大のスピードに、学校現場では当惑が広がっている。こうした中で今、学校はどのような課題に直面しており、どのような対応や支援が求められているのか。全国連合小学校長会(全連小)の大字弘一郎会長、全日本中学校長会会長(全日中)の宮澤一則会長に聞いた。

2年間の経験を生かし、乗り越えたい

――全国連合小学校長会会長 大字弘一郎・東京都世田谷区立下北沢小学校統括校長

 今回の感染拡大は、これまでの感染の波で一番厳しい。当校は臨時休校にはなっていないが、全国の学校から臨時休校や学校閉鎖の声が聞こえている。学校の先生方は、大変な緊張感の中で仕事をされているのではないか。とにかく健康に留意してほしいというのが一番だ。これまでの2年間にわたる感染対策の経験を十分に生かしながら、何とか乗り越えていきたい。

大字全連小会長(今年5月20日撮影)

 臨時休校などの場合には、オンラインを活用した学びの継続が求められている。当校では昨年9月のデルタ株拡大の際に、GIGAスクール端末を活用したオンライン授業を経験しており、今回も濃厚接触者となって自宅待機を余儀なくされている児童に、授業の様子をオンラインで配信するなどの対応はできている。

 ただ、全国的に見ると家庭の通信環境の支援がいまだに行き届いていない、教員のスキルが追い付いていない、端末の持ち帰りを許可していないなどの理由で、対応が難しいところは少なくないようで、各自治体の姿勢や体力の違いを感じている。

 教員に感染者や濃厚接触者が出た場合、それが少数であれば他の教員が対応するなど従来のやり方で学校運営はできると思う。もし、出勤できない教員が一定数出てきたら、1人の教員が行った授業を録画して全クラスに配信するなど、ICTをうまく使って回していくことを考えている。

 臨時休校になったら、教員が自宅からオンライン授業をすることもあるだろう。さまざまなパターンを想定しながら、臨機応変に対応するしかない。この時、オンライン授業の経験を積んでいない自治体や学校では、どうしても対応の選択肢が少なくなってしまう。その場合は、緊急的に学習指導員や教員業務支援員を増やすなど、人的配置の支援が必要だ。

 学校行事への影響もある。当校が今年2月に予定していた学校公開は、まん延防止等重点措置の期間に当たってしまうため、延期を検討している。3月には卒業式もあるが、「歌が歌える状況ならこうしよう」「呼び掛けができる状況ならこうしよう」など、式の内容について、常にA案、B案、C案と、複数の選択肢を検討せざるを得ない状況だ。

 コロナ禍で、こうした対応を強いられている学校は多いのではないか。日本の先生たちの努力はすごいな、と感じる一方で、日常業務を含めて先生たちの負担が大きく増えている現状に目を向けていかなければならない。

「期待するのをやめた」と話す生徒

――全日本中学校長会会長・日本中学校体育連盟会長 宮澤一則・東京都板橋区立中台中学校校長

宮澤全日中会長(今年5月25日撮影)

 オミクロン株の置き換わりにより、これまで目立たなかった子どもの感染が深刻になっている。当校のある板橋区でも学校はもちろん、保育所での感染が広がり休園になっているケースも耳にする。これまで以上に、感染力が強まっていると危惧している。

 特に中学3年生は、高校受験シーズン真っただ中。今月26・27日に控えた都立高校の推薦入試では、一般入試と違い追試験は設けられていない。濃厚接触者などの場合でも条件を満たせば別室での受験を認められるが、症状がある受験生は受験できない。学校はもちろん、生徒も保護者も非常に神経質になっていると思う。

 さらに長引くコロナ禍で、生徒の心理面への影響も見過ごせない。例えば、当校では昨年10月に予定していた職場体験を、コロナの影響で今年1月に延期した。しかし、それもかなわなくなってしまった。

 多くの調査で、コロナ禍で児童生徒の精神的な不安定さやうつ症状が強まっているというデータが出ている。生徒たちは、学校では落ち込んだ姿は決して見せない。ただクラスメートとも大声で笑い合えない、楽しみにしていたイベントも次々に無くなっていく、そんな日々を繰り返す中で「もう期待するのをやめた」と話す生徒もいる。そんな子どもたちを見ると、教師として本当に心苦しく思う。

 教職員の感染についても心配だ。幸いなことに当校の教職員の中ではまだ陽性者はいないが、職員室で誰か一人でも陽性になると、ほとんどの教職員が濃厚接触者になり得る恐れも十分にある。そうすると学校運営が立ち行かなくなるので、常に危機感は持っている。ただ不安はありつつも、これまでの基本の感染対策を徹底するしかないという現状に歯がゆさもある。

 オミクロン株は都市部だけでなく、全国で急速に拡大している。休校や学級閉鎖などへの対応準備については、全国の学校長が苦慮していることだろう。全日中では横のネットワークを存分に生かし、積極的に情報交換し連携している。全国の校長先生には「大変な状況が続くが、教職員と協力し合いながら、生徒を最優先に、早めの対応ができるよう努めていきましょう」と伝えたい。

あなたへのお薦め

 
特集