学校での感染拡大受け 知事会が指針見直しを首相に要請

 岸田文雄首相と全国知事会会長の平井伸治鳥取県知事らは2月1日、オンラインで新型コロナウイルスの今後の感染防止対策について意見交換を行った。全国知事会は岸田首相に対し、オミクロン株による感染が学校や保育所で広がっている状況を踏まえ、学校向けのガイドラインなどを、オミクロン株の特性に応じた内容に見直すよう要請。岸田首相は改善に向けて検討する考えを示した。

オンラインで全国知事会と意見交換する岸田首相(首相官邸HPより)

 全国知事会は1月28日に新型コロナウイルス緊急対策本部が取りまとめた緊急提言に基づき、飲食店に加えて学校や保育所、家庭などでオミクロン株の感染が急速に拡大している実態があるとして、オミクロン株の特性を早急に分析し、地域の感染状況や生活圏の違いに応じた段階的かつ実効性のある感染対策を実行することを求めた。

 特に、オミクロン株の特性に応じた教育関連施設の感染防止対策などの対応指針を示すとともに、知事が地域の実態に合わせて、行動制限や教育施設への要請などの効果的な対応策を選択できるように、基本的対処方針や学校向けガイドラインなどを見直すことを提言した。

 これに対して岸田首相は「これまでのデルタ株のときと違って、学校、保育所、家庭等で感染が広がっている実態、あるいは、高齢者施設等におけるクラスターの経験等の話を踏まえ、オミクロン株の特性を踏まえた感染対策へと、さらに改善を検討していきたいと考えている。今後とも、現場で対策に当たっておられる各知事の皆さま方と緊密に連携を図りながら、強い警戒感を持って対応に当たっていきたい」と応じた。

あなたへのお薦め

 
特集