情報モラルを学ぶゲーム教材 グーグルが日本語版を公開

 世界各国で安全安心なインターネット環境について考える「セーファーインターネットデー」にちなみ、グーグルは2月8日、子ども向けに無料で利用できるインターネットリテラシープログラム「Be Internet Awesome」の日本語版をリリースした。同時に、教員の業務支援などに取り組むARROWSと協働で、小学校向けにGIGAスクール端末を使うときのルールを考える教材パッケージを新たに提供することも発表した。

「Be Internet Awesome」の中で利用できるゲーム「インターランド」(提供:Google)

 2017年に提供を開始し、今回の日本語版のリリースによって40カ国、18言語に対応することになった「Be Internet Awesome」は、無料オンラインゲーム「インターランド」の中を子どもたちが冒険しながら、ハッキングや詐欺、いじめなどの問題について学び、最高のインターネットユーザーになる(Be Internet Awesome)ためのスキルを習得できるプログラム。

 5つのトピックに応じて、教師向けの授業案やカリキュラム、家庭で保護者が子どもと話し合うためのコンテンツなどが用意されており、学校で情報モラルの指導をする際の教材としても活用できる。

 また、新たに小学校向けに提供する教材は「GIGA端末を使うときのルールを自分たちで考えよう-こんなとき、どうする?-」というテーマで、道徳の授業を想定して、「友達のパスワードを知ってしまったら、どう行動するべきか」などのケーススタディを通じて、クラスでのルールを考えたり、端末上でファイルを共同編集する際の注意点やチャットの活用方法などを学んだりする。

 教材の公開は4月からを予定しており、現在はARROWSが運営する「SENSEIよのなか学」の専用フォームから資料請求を受け付けている。

あなたへのお薦め

 
特集