関東甲信地方の大雪で臨時休校145校 短縮授業377校

 関東甲信地方を中心に2月10日から大雪となる地域が出ていることを踏まえ、文科省は同日午後5時時点での、各地の臨時休校・短縮授業の状況をまとめた。それによると関東甲信地方の10都県で145校が休校、377校が短縮授業となっている。物的・人的被害は確認されていない。

 休校・短縮授業となる学校が出ているのは▽茨城県▽栃木県▽群馬県▽埼玉県▽千葉県▽東京都▽神奈川県▽山梨県▽長野県▽静岡県――の計10都県で、休校・短縮授業となっている学校数が多い順に、山梨県(休校57校、短縮55校)、茨城県(休校26校、短縮84校)、埼玉県(休校19校、短縮78校)。

 校種別に見ると、休校となっているのは▽幼稚園 7校▽小学校 34校▽中学校 27校▽義務教育学校 1校▽高校 46校▽中等教育学校 1校▽特別支援学校 26校▽大学 2校▽短期大学 1校。短縮授業となっているのは▽幼稚園 17校▽小学校 189校▽中学校 109校▽高校 37校▽特別支援学校 24校▽大学 1校。

 文科省は「引き続き、教育委員会などの関係機関と連携を密にしつつ、被害状況の収集に努める」としている。

あなたへのお薦め

 
特集