「あまい」で判断力を養う 災害時の情報発信を学ぶ教材

 情報モラル教育やプログラミング教育に取り組むLINEみらい財団は2月28日、災害時に情報を活用して自分の身を守るだけでなく、地域の防災・減災に子どもたちが貢献できるように、適切な災害時の情報発信について学ぶ教材「情報防災訓練(情報発信編)」を公開した。カードを使いながら実際の災害時を想定し、「あまい」をキーワードに、本当に発信してもいい情報かどうか判断する力を養う。

「情報防災訓練(情報発信編)」の教材パッケージ(LINEみらい財団提供)

 同財団では昨年、情報モラル教育が専門の塩田真吾静岡大学准教授と共同で、災害時に広がりやすいデマやフェイクニュースを見極める「情報防災訓練(情報収集編)」を開発。今回の情報発信編はその続編で、実際に災害が起きたと想定し、用意された「情報カード」を見ながら、発信していい内容、発信しない方がいい内容をグループで話し合う活動をした上で、「安全を確認しよう」「間違った情報にならないかな」「位置情報を上手に使おう」の頭文字を取った「あまい」のキーワードから、情報発信時に気を付けるポイントを考えることができる。

 教材は授業用スライド、情報カード、ワークシート、授業進行例を掲載した指導者用ガイドブックがセットになっており、小学校高学年から高校生まで幅広い学年で使用可能。教材は同財団ホームページからダウンロードして、学校の授業などで自由に活用できる。

あなたへのお薦め

 
特集