水際対策緩和 留学生、別枠で平日1000人来日へ

 新型コロナウイルスの感染を防ぐ水際対策で、政府が3月14日から1日当たりの入国者を7000人に緩和することに関連し、文科省などは3月3日、これとは別に外国人留学生を対象に1日当たり1000人の枠を設けることを発表した。来日待機となっている留学生は約15万人いるとみられ、文科省、出入国在留管理庁などで運用する「留学生円滑入国スキーム」で対応することになった。

会見する「留学生円滑入国スキーム」の担当者ら

 今月から来日者数は1日5000人に緩和され、新規の留学生もこれに含まれていたが、岸田文雄首相は3月4日の会見で新たに1日7000人に拡大する緩和策を発表。文科省などでは、4月からの新学期に向けて留学生の来日が3月中旬ごろから増加するため、航空便の利用者が少ない月曜から木曜日の空席を利用して1日1000人の来日を支援する。対象となるのは大学、高校、日本語教育機関などの留学生。

 留学生が利用する予定の搭乗便の希望を集約した大学側から、文科省などで構成する「外国人留学生入国サポートセンター」を通じ、航空会社との間で搭乗便を調整するスキームを運用する。当面5月末までの便を対象として受け付けるという。

 この2年間で来日待機となっている留学生は約15万人だが、これに新年度には例年5~6万人の留学生が加わるとみられるという。文科省の担当者は「別枠を設けることで留学生の来日を促進したい。通常の7000人の枠内でも個人で搭乗券を確保するなどで来日してもらうことも可能なので、来日の手続きが整った段階で準備を進めてもらいたい」と話していた。

 3月4日の閣議後会見で末松信介文科相は「本スキームをご活用いただき、新学期に向けて、留学生の皆さんが着実かつ円滑に入国できるように全力で取り組んでいきたい」と述べた。

あなたへのお薦め

 
特集