根気強い高校生は模試が高得点水準 グリットの影響を解析

 根気強い高校生は大学受験の全国模試の得点水準が高い――。そうした結果がこのほど、京都大学とベネッセコーポレーションのグループが進学校の高校生を対象に行った研究で明らかとなった。グリット(やり抜く力)の2つの側面である「根気」と「一貫性」のうち、「根気」の高い生徒では基本的な得点水準が高く、長期的な得点も向上していたが、「一貫性」では得点水準やその変化に関連が見られなかった。

 長期的な目標に向かう際の忍耐力や情熱と定義される性格特性であるグリットが高い人は、GPA(成績評価値)やテストの得点など学業成績が高いことが報告されている。

 京都大学大学院教育学研究科の西川一二研究員、楠見孝教授、ベネッセコーポレーションの共同研究グループは、公立高校のトップ進学校6校の生徒1403人を対象に、グリットの2つの側面である「根気(目標達成への根性や不屈さ)」と「一貫性(目標を変えないという一貫性や固執性)」が、大学受験の全国模試(国語、数学、英語の3科目)の3年間の得点推移にどのように影響を及ぼしているかを解析した。

 その結果、「根気」の高い生徒ほど基本的な得点水準は高く、3年間の長期的な得点もやや向上していることが明らかとなった。その一方で「一貫性」については、得点水準やその変化と関連していなかった。

 西川研究員は「性格特性はグリット以外にも、好奇心や社交性などがあり、また生徒の評価指標も、模試以外にもさまざまある。効果がなかった『一貫性』や、今回の研究で注目していない『好奇心』『社交性』などの性格特性にも、まだ分かっていない『生徒の活動にプラスに働く』場面や状況が必ずあるので、今後の性格特性研究を注視してもらえたらと思う。教育現場では、生徒の個性を把握・尊重しながら、その個性に合った教育や指導をしてあげることが大切になってくるのではないか」と話している。

 研究成果は2月19日付の英国国際学術誌「Personality and Individual Differences」に掲載された。

あなたへのお薦め

 
特集