水際対策緩和で留学生の来日加速へ 5月末までに11万人見込み

 新型コロナウイルスの水際対策の緩和により、3月中旬以降の留学生の来日を週1万人程度と見込んでいることを、末松信介文科相が3月11日、閣議後の会見で明らかにした。文科省では同日、留学生の来日を促進するためのスキームに基づき、出入国在留管理庁と共に設置したサポートセンターで搭乗のための申請受付を開始した。

閣議後会見する末松文科相

 会見で末松文科相は「文科省としては本スキームを活用いただいて、4月から開始される新学期に向けて、留学生の皆さまが着実かつ円滑に入国できるように全力で取り組んでまいりたい」と話した。

 文科省と出入国在留管理庁は、留学生の来日にあたって、3月14日から1日7000人に緩和される一般入国者枠とは別に、比較的搭乗者の少ない月曜から木曜の平日に1日1000人の枠を設けて入国の促進を図るスキームを設けた。来日準備の整った留学生を大学側がまとめてサポートセンターに連絡し、航空会社との搭乗券の調整が図られる。

 これに一般枠内で平日1日当たり1000人、金曜から日曜の週末に2000人を見込み、枠外と合わせて概算で週1万人程度の来日が可能とみている。文科省では来日を希望する留学生の総数を約11万人と推計しており、このスキームなどにより、5月末までに大半が来日することを期待しているという。

あなたへのお薦め

 
特集