小学生の校内暴力事件 前年比1.5倍増、警察庁調べ

 警察庁は3月10日、2021年に起きた少年非行などの集計を発表した。小学生から高校生までのいじめに起因する事件の検挙・補導人員は198人で、前年と比べほぼ横ばいだった。校内暴力事件は587件で、前年より80件増加。特に小学生の事件数は1.5倍に増加した。

 発表によると、いじめに起因する事件は139件発生し、そのうち132件がいじめによる事件、7件がいじめの仕返しによる事件だった。いじめに起因する事件の検挙・補導人員は▽小学生 64人(前年比13人増)▽中学生 91人(同12人減)▽高校生 43人(同2人減)。いじめに起因する事件を犯罪種別に見ると、暴行が最も多く51件、次いで、傷害の28件、児童買春・児童ポルノが14件などだった。インターネットを利用した事件は16件あった。

校内暴力事件数の推移

 校内暴力事件は▽小学生 159件(同53件増)▽中学生 342件(同35件増)▽高校生 86件(同8件減)――で、小学生での増加が目立つ。教師に対する暴力事件は196件あり、前年よりも22件増加した。小学生で30件(同8件増)、中学生で155件(同13件増)、高校生11件(同1件増)だった。

あなたへのお薦め

 
特集