保育士の仕事の魅力を発信 厚労省がポータルサイト開設

 保育士不足の解消につなげようと、厚労省は3月15日、保育士の仕事の魅力を発信するポータルサイト「ハローミライの保育士」をオープンした。これから保育士資格の取得を考えている人に向けて、先輩の保育士が仕事について紹介。同省が進める保育士の待遇改善に関する取り組みなどの情報をまとめている。

 サイトでは現在、①保育士ってどんな仕事?②保育士になるには?③保育の豆知識④働く環境は?⑤地域情報――の5つのカテゴリーが用意されており、準備中の⑤以外でコンテンツを見ることができる。

 ①では、3年目の保育士の1日の仕事に密着したレポートを公開。日々の業務でどんなことに気を付けているかや、保育士としての仕事のやりがいを語っている。また、③では13年目のベテラン保育士が、子どもと仲良くなる方法やどんな人が保育士に向いているかを解説しているコーナーもある。

 さらに②で保育士の資格取得の方法を図解したり、④で給与面や職場環境の改善、学生への就学資金の支援などを紹介したりしている。

 コンテンツは順次拡充する予定で、現在準備中となっている⑤では、都道府県などの自治体が独自に行っている保育士の魅力化に関する取り組みやイベントなどを紹介していく方針。

 詳細は「ハローミライの保育士」から確認できる。

あなたへのお薦め

 
特集