宮城・福島地震 物的被害12都県の703校に

 文科省は3月18日、福島県沖を震源とする地震による、学校施設の被害状況(午前11時時点)をまとめた。12都県で計703校に物的被害が確認され、2県で66校が臨時休校、13校が短縮授業などの措置をとっている。

 被害状況のまとめによると岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川、山梨の各県と東京都の国立8校、公立442校、私立253校で校舎の外壁のひび割れ、ガラスの破損、天井の一部落下などの物的被害が見られた。前日の調査結果(11都県349校)と比べると、354校増えた。

 校種別では▽幼稚園 111校▽小学校 169校▽中学校 108校▽義務教育学校 1校▽高校 159校▽中等教育学校 2校▽特別支援学校 31校▽大学・短大・高専など 122校。

 一方、臨時休校は宮城・福島の2県66校(前日4県476校)と大幅に減り、短縮授業も両県で13校(同6県15校)だった。

あなたへのお薦め

 
特集