春休み中などの感染対策の徹底求める 文科省が事務連絡

 文科省は3月18日、児童生徒にオミクロン株による新型コロナウイルス感染症が依然として多く発生していることから、春休みを含む年度末・新年度の期間に徹底した感染症対策を行うよう、都道府県教委をはじめ全国の自治体関係者に事務連絡を行った。

 基本的な考え方としては、児童生徒の感染状況を踏まえて必要な場合は、地域全体の感染症対策のレベルにかかわらず、学校においてこれまでと同様の対策を継続していくよう指示。

 臨時休業や出席停止のため、やむを得ず学校に登校できない場合、学習に大きな遅れがでないようにするとともに、規則正しい生活習慣を維持し、学校と児童生徒との関係を継続するため、同時双方向型のウェブ会議システムを活用するなどして、教師による学習指導と学習把握を行うことが重要であるとした。

 卒業式、入学式など学校行事の実施に当たっては▽風邪症状のある人には参加をしないよう徹底▽参加者への手洗いやマスクの着用を含む咳(せき)エチケットの推奨▽アルコール消毒薬の設置、小まめな換気の実施▽会場の椅子の間隔を空けるなど、参加者間の身体的距離の確保――を求めた。さらに行事への参加人数を抑えたり、式典全体の時間を短縮したりすることや、ICT を活用した対面とオンラインとのハイブリッド方式による開催などの感染対策を例として挙げた。

 中学校や高校の学校内感染の経路として部活動が占める割合が高くなっていることから、密集する活動や近距離で組み合ったり接触したりする運動や、大きな声や激しい呼気を伴う活動、他校との練習試合や合宿を控えるよう求めている。

 集団での飲食や部室など共有エリアの一斉利用といった、部活動に関連する場面での対策の徹底も図りながら、学校の管理職や設置者が顧問から提出させた活動計画書を確認して実施の可否を判断するなど、責任を持っていっそうの感染症対策に取り組むことも求めた。

 春休みにおいて、家庭や学校以外では放課後児童クラブが感染場所となる可能性もあり、密集したり近距離で行ったりする活動を避けるため、教室、図書館、体育館、校庭などの活用を奨励した。

 また、新年度に向けた対策の一つとして、春休みを利用して希望する教職員にワクチンの追加接種を受けさせるよう促している。

あなたへのお薦め

 
特集