「支援に感謝」 ウクライナ大使が文科相を表敬訪問

 ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使が4月6日、文科省に末松信介文科相を表敬訪問した。

ウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使(左)の訪問を受ける末松文科相

 大臣官房国際課によると、末松文科相は大使の訪問に歓迎の意を表した後、衆参両院でロシアに対する非難決議を行ったことを伝えたという。さらに「ウクライナから日本に避難してこられた方々に対して、日本語教育や子供たちの就学をはじめとして、積極的に支援していく」と述べた。

 これに対して大使からは避難民への支援に感謝する旨の発言があり、その上で、日本語の教育や就学へのさらなる支援の期待表明があった。

 また大使からは、日本経済大学や長崎大学でウクライナ人学生の受け入れが進んでいることについても謝意が示された。加えて日本の大学において、ウクライナ語の教育を充実させてほしいという趣旨の話もあった。

 末松文科相は、大使からの発言に対して「こちらとしてもしっかり進めていきたい」と応じたという。

あなたへのお薦め

 
特集