ウクライナ避難民の生徒を受け入れ 福岡の柳川高校が表明

 ロシア軍の侵攻を受けてウクライナから日本に避難してきた人の受け入れを巡り、福岡県柳川市と同市にある私立の柳川高校は4月12日、ウクライナからの避難民に向けて市営住宅を提供するとともに、日本の高校生に相当する生徒がいれば、同高で受け入れると発表した。国際科が設置されている同高の知見を生かし、日本語指導などにも対応する。

 グローバル教育に力を入れる同高では、国際科に100人ほどの留学生が在籍しており、留学生が生活するための学生寮もあることから、ウクライナから避難してきた生徒を受け入れるのに支障はないと判断。留学生の中には日本語がほとんど話せない状態で入学する生徒もおり、日本語指導の独自のプログラムもあることから、これらを受けてもらいながら、学びを保障する。

 受け入れ規模は10人程度を想定しており、学費や制服代、教科書の購入費などは同高で負担する。4月14日の時点では、まだ具体的な受け入れに関する問い合わせは来ていないという。

 一方、柳川市でもウクライナからの避難民を受け入れるため、市営住宅3戸を確保。もし入居した家族に学齢期の子どもがいれば、市立小中学校での受け入れの可能性を検討するとしている。

あなたへのお薦め

 
特集