【教員×投票】コロナ禍の授業や行事の制限緩和 もうできる?

 新型コロナウイルスの感染拡大によって続けられてきた学校教育活動の制限について、千葉県教委は4月14日、段階的に緩和していくよう学校現場に求める方針を公表しました。授業では、「感染リスクの高い学習活動」とされている、グループ学習、球技・楽器演奏・調理実習などの実技・実習、校外学習を基本的に実施するよう求めました。修学旅行は訪問先の感染状況に留意しながら、県内外を問わず実施するなどとしています。

 同県の熊谷俊人知事は同日の定例会見で、「基本的には感染対策のレベルを下げずに、疫学上意味のある形で見直しをしていく方針を示している。大事なことは、それぞれの学校現場の状況はバラバラだということ。学校現場の実情に応じて柔軟に対応していただきたい」と述べ、感染症対策の徹底と学校現場それぞれの実情に応じた対応が前提になっていることを強調。「感染対策と両立させながら、貴重な体験や学びの機会を確保する、そうした一歩を踏み出していかなければいけないと考えている」と述べました。(参照記事:コロナ禍の授業や行事の制限、学校現場に緩和求める 千葉県教委)

 あなたの学校は、もう制限を緩和できる状況ですか?

あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント
Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。

あなたへのお薦め

 
特集