3Dでの再現を通じて探究 中学生が海洋生物の神秘に迫る

 3D技術を活用して海洋生物を探究しよう――。3D技術を活用した教育の普及を目指す日本3D教育協会はこのほど、日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で、中学生が3D技術を用いて海洋生物の神秘に迫る「海洋研究3Dスーパーサイエンスプロジェクト2021」の第一期生成果発表会を都内で開いた。参加した生徒らは、専門家の指導を受けて自身が作成した海洋生物の3D作品を制作。通常の標本では観察できない細部まで再現しようと徹底的に調べたことなど、作品作りの過程で学んだことを発表した。

参加した生徒が作成した海洋生物の3D作品(海と日本プロジェクト広報事務局提供)

 同プロジェクトでは中学生らが昨年9月から全12回の授業を通じて、3Dの専門家や海洋生物の研究者らからアドバイスを受けながら、3Dで再現したい海洋生物について詳しく調べ、作品に仕上げていった。成果発表会では、標本では表現ができないゼラチン質のクラゲの内臓や生殖器を3Dで再現したり、ウニの内部構造を詳しく調べて3Dにモデリングしたりした作品が紹介され、専門家からの質疑応答も行われるなど、生徒らは海洋生物への学びをさらに深めた。

 ミンククジラの3D作品をつくった女子生徒は「みんなの発表を聞いて、中の部分まで見えるモデルを作っている人もいたので、私もミンククジラの中の骨が見えるモデルを作りたいと思った。環境問題にも興味があるので、環境問題がクジラにどのような影響を与えているのかをもっと調べていきたい」と話した。

 同プロジェクトの第二期メンバーの募集も始まっている。詳しくは日本3D教育協会のホームページで確認できる。

あなたへのお薦め

 
特集