学校用水着もジェンダーレスに 体の線や肌の露出抑える

 制服などでLGBTQ+(性的少数者)に対する理解や配慮が進む中、水泳用品やスポーツインナーの製造販売を手掛けるフットマークはこのほど、ジェンダーレスの学校用水着の発売を始めた。同社によると、学校用水着で男女共用のジェンダーレス水着は初めて。従来の学校指定の水着以外に、このジェンダーレス水着を選択肢に加える学校も出ているという。

ジェンダーレスの学校用水着(フットマーク提供)

 この水着は上下が別れたセパレーツ型で、上着は長袖になっており、肌の露出を抑え、紫外線対策にも有効。ボトムスはハーフパンツを採用しており、体のラインが出にくいようにしている。生地も体に密着しないものを採用した。

 色は紺のみで、120センチから4Lまで10種類のサイズを用意し、6380~6820円(税込小売希望価格)で販売する。

 同社によると、これまでも年に2~3件、学校用水着を取り扱う小売店から、担当している学校でLGBTQ+の子どもがおり、どう対応すればいいかといった問い合わせが寄せられており、同社では紫外線カットを目的にした長袖や半袖型の「シャインガード」と呼ばれる商品を薦めてきた。

 しかし「実際には口に出せない人もかなりいるはずで、男女共用のジェンダーレスの水着を販売すれば、周りの目を気にせずに使ってもらえるのではないか」と、昨年夏から開発に着手。すでに公立中学校など3校が今年度から採用する予定で、従来の水着に加えて、このジェンダーレスの水着を選択できるようにすることを考えているところが多いという。

あなたへのお薦め

 
特集