国際科学五輪のOBらが教える ワークショップを毎月開催

 国際科学オリンピックへの関心を持ってもらおうと、日本科学オリンピック委員会は今月から毎月、小学校高学年から中学生を対象にした生物学、物理学、数学のワークショップを開催する。来年には国際数学オリンピックと国際物理学オリンピックが日本で開催される予定で、これらの国際科学オリンピックへの挑戦意欲を高めてもらえたらと期待を寄せる。

 ワークショップは6月から11月の毎月第4日曜日、午後2時~午後3時を予定しており、オンラインでの参加のほか、東京都渋谷区にある「こども科学センター・ハチラボ」で直接受講することもできる。

 例えば、7月24日に行われる生物学の「『のぞいてみよう!合成生物学の世界』~DNAって何だろう?何ができるの?~」では、2020年国際生物学オリンピックで金メダルを獲得した東京大学2年生の末松万宙さんが担当するなど、いずれも講師は国際科学オリンピックのOBや指導者が講師を務める。

 プログラムなどの詳細はHPで確認できる。

あなたへのお薦め

 
特集