日本に避難した子どもを支援 民間教育コンテンツも対応

 ロシア軍の侵攻を受けてウクライナから避難してくる人が日本でも増えつつある。そうした中で、日本語教育やコミュニケーションが課題となっている避難民の子どもたちをサポートしようと、学習コンテンツを提供する民間企業でも、ウクライナ語への対応を進めている。

ウクライナ語表示に対応した「指書きレッスンGLOBAL」(教育同人社提供)

 子どもたちが日本の学校で学ぶ上で最初の壁となるのが、日本語の学習。教育同人社では外国にルーツのある子どもたちが学校で日本語指導を受ける最初の段階で活用することを想定したクラウドアプリ「指書きレッスンGLOBAL」の、ウクライナ語表示対応版を急きょリリースした。このアプリでは、手本に沿って平仮名やカタカナ、小学校で習う漢字などを指でなぞりながら、字の形を覚えることができ、日本語の発音を聞きながら練習することが可能。手本や母国語を非表示にする機能もあるので、習熟度に応じてさまざまな使い方ができる。

 同社の担当者は「携帯翻訳機も普及しているものの、日本で生活していく中で、子どもたちにとって日本語の勉強は欠かせない。その入り口となる教材になれば」と期待を寄せる。

「Monoxer」のウクライナ語学習コンテンツ(モノグサ提供)

 ウクライナからやってきた子どもたちの学びだけでなく、日本の子どもたちにもウクライナ語に親しんでもらえればと考えているのは、学習プラットフォームの「Monoxer(モノグサ)」を提供するモノグサ。今回、「Monoxer」に対応した問題集(book)として一般公開されたウクライナ語学習コンテンツは、日本語からウクライナ語に変換する問題と、ウクライナ語から日本語に変換する形式の問題の両方を用意し、日常的な単語や基本会話などをお互いに学び合える。

 同社の担当者は「『Monoxer』は、いずれ全人類に届けることを目指している『記憶のプラットフォーム』。厳しい状況に直面するウクライナ避難民の方々への支援活動を行うとともに、一日も早い事態の収束を願い、ウクライナ語学習のきっかけとなるコンテンツを一般公開することにした。これらのコンテンツだけでウクライナ語を学びきれるようなものではないが、今回の当社のアクションが、ウクライナやウクライナ語に興味を持ってもらえる一つのきっかけとなればとてもうれしい」と話している。

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

あなたへのお薦め

 
特集