今年度の学校行事 小中学生の約7割が「実施される予定」と回答

 ニフティがこのほど行った学校行事に関するアンケート調査の結果によると、小中学生の約7割が「今年度の学校行事は実施される予定」と回答した。昨年度、コロナの影響で中止になった学校行事が「ある」と回答した小中学生は85%だったが、今年度の学校行事については、「全て実施される予定」「一部実施される予定」を合わせた回答が約7割に上った。

一部実施と全て実施を合わせると約7割となった

 同調査はニフティが運営する子供向けサイト「キッズ@nifty」で、小中学生を中心とする訪問者1309人の回答を集計した。調査期間は5月2~23日。

 まず、昨年度の学校行事でコロナの影響で中止になったものがあるかについては、85%の子供たちが「ある」と回答。そのうち、どんな行事が中止になったかについては、「合唱祭・合唱コンクールなどの行事」が小学生では39%、中学生では44%と、ともに最多となった。小学生では「文化祭・学芸会などの行事」(37%)、「運動会などの運動に関する行事」(36%)が続き、中学生では「林間学校などの宿泊行事」(37%)、「運動会などの運動に関する行事」(32%)が続いた。

 中止した行事の代わりに別の行事があったかについては、小学生が35%、中学生では47%が「代わりに別の行事があった」と答えた。別の行事については、「運動会を小規模で学年ごとに行った」「修学旅行の代わりに宿泊なしの遠足に行った」という説明があり、各学校が感染対策を実施しながら工夫して行事を開催していたことが分かった。

 今年度の学校行事については、「一部実施される予定」(38%)、「まだ分からない・決まっていない」(32%)、「全て実施される予定」(28%)と続き、「一部実施される予定」と「全て実施される予定」を合わせると約7割になった。「一部実施される予定」の行事については、「運動会などの運動に関する行事」が83%で最も多く、「修学旅行」が68%と続いた。

 また、「学校行事が決まっていない・実施予定がない」と答えた子供たちに、学校行事を実施してほしいかを聞いたところ、「実施してほしい」が55%だった一方で、37%の子供たちは「行事による」と回答。「コロナ対策に気を付けながらやれば、中止にする必要はないと思う」という意見もあれば、「コロナで好きではない行事が中止されたが、今年は再開する予定で残念」「やりたいとかやりたくないとか以前の問題としてコロナが怖い」という意見もあった。

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

あなたへのお薦め

 
特集