科学コミュニケーター育成 日本科学未来館が新活動計画

 遠足などで人気の東京都江東区にある日本科学未来館は7月8日、今後の新常設展計画などを含む今後の活動方針を発表した。昨年4月に同館館長に就任した浅川智恵子館長が就任時に掲げた「Miraikanビジョン2030」の実現に向けて、自治体や学校などとの連携強化や、同館の特徴でもある「科学コミュニケーター」の育成などに力を入れる。

日本科学未来館の新スローガンを紹介する「科学コミュニケーター」と浅川館長(中央)

 同館は、科学技術を分かりやすく伝え、さまざまな課題解決や未来社会づくりに取り組む研究者、企業などの最先端技術に、あらゆる人がいち早く触れ、体験できるプラットフォームを目指すとし、「Mirai can _ ! 未来は、かなえるものへ。」を新しいスローガンに掲げ、①ひとの未来②つくる未来③みんなの未来④未来をつくる、人をつくる⑤サステナビリティ&アクセシビリティ――の5つの柱で新しい取り組みをスタートさせる。

 新たに「Life」「Society」「Earth」「Frontier」の4つをテーマにした企画展や常設展を展開し、研究機関や企業だけでなく、行政や学校、クリエーターなど、幅広い外部パートナーとの連携・協働を強化していく。

 また、同館に現在30人以上が在籍している、科学を分かりやすく伝え、社会課題を共に考え、さまざまな人をつなげる「科学コミュニケーター」の育成にも取り組んでいく。

 自身も視覚障害があり、視覚障害者のアクセシビリティについて研究している浅川館長は、これからの同館のミッションについて、「このような時代に人々に前向きに未来を考えてもらうために、私たちはどうしたらよいか。今こそ未来館はその名に恥じない役割を果たしていきたい。そのために、これまでの常識や前例にとらわれない新しいミュージアムの在り方を追究していく」と強調。「科学コミュニケーター」の育成について「近い将来、『科学コミュニケーター』という職業が有名になって、子どもたちの憧れの職業になることを目指したい」と意気込む。

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

あなたへのお薦め

 
特集