共通テスト受験案内 タブレット、イヤホン使用禁止を明記

 大学入試センターは7月8日、来年1月14日・15日に行われる大学入学共通テストの受験案内を公表した。今年の共通テストで電子機器類を使用した不正行為が発生したのを受け、昨年度と比べ不正行為の防止についての記述を充実。使用してはいけない電子機器としてタブレット端末、イヤホン、音楽プレーヤーを追加した。

 受験案内では、試験期間中に使用してはいけない電子機器類(携帯電話、スマートフォン、ウェアラブル端末、タブレット端末、電子辞書、ICレコーダー、イヤホン、音楽プレーヤー)を具体的に記載。イヤホンは「耳に装着していれば使用しているものとして不正行為となる。病気・負傷や障害などにより補聴器を使用したい場合は受験上の配慮申請が必要」と明記した。

 他にも、不正行為の対策として▽試験開始前に監督者の指示で電源が切られているかなどの確認を行うこと▽試験時間中に監督者が試験室内を巡視し、その際に顔を上げるよう指示することや、マスクや眼鏡、帽子などを一時的に外すよう指示することなどがあること▽不正行為については状況により警察へ被害届を提出するなどの対応を取る場合があること――などを記載した。

 また、障害のある受験生への受験上の配慮について事前相談の窓口を新たに記載し、「どんな配慮をしてもらえるか」「申請するには何が必要か」「何から始めればいいのか」といった点について、相談を受け付けるとした。問い合わせ先は(独)大学入試センター事業第1課(電話番号:03-3465-8600、電話での問い合わせが難しい障害のある人専用FAX:03-3485-1771)。

 来年の共通テストは1月14日・15日に本試験を、同28日・29日に追試験を実施する。出願期間は今年9月26日から10月6日まで。検定料は3教科以上を受験する場合1万8000円、2教科以下を受験する場合1万2000円(成績通知を希望する場合は手数料800円が別途必要)で、検定料の払い込み期間は9月1日から10月6日まで。

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

あなたへのお薦め

 
特集