国際科学オリンピック、21人がメダル 入賞者が文科相を表敬

 地理、生物、物理、数学、化学の国際科学オリンピックの結果が7月19日、文科省から発表され、5教科・科目で金メダル6人を含む、21人がメダルを獲得した。「第18回国際地理オリンピック」で銀メダルを獲得した佐藤弘康さん(栄東高校3年)ら高校生4人は同日、末松信介文科相を表敬訪問。佐藤さんは「大会を通じて、都市工学に通じることなど学校ではなかなか学べないことも勉強できた。これからの学習に取り入れたい」と意欲を見せた。

国際地理オリンピックに出場した4選手と末松文科相

 この日、文科省を訪れたのは国際地理オリンピックに日本代表として出場した4選手。佐藤さんのほかに、岩倉治輝さん(筑波大学附属駒場高校2年)、森田晃弘さん(灘高校3年)、新山慶悟さん(宮城県仙台二華高校3年)。岩倉さんと森田さんは銅メダルを獲得した。

 国際地理オリンピックは、1965年にエストニアの大学生が企画した「環バルト海地理競技会」から始まり、日本は2008年から参加して以降、毎回4人の選手を派遣している。今回はフランス・パリで行われる予定だったが、コロナ禍のため、7月12~18日にオンラインで開催。54カ国・地域から209人が参加した。

 地理オリンピックでは暗記力ではなく、「場所を見抜く力」と「的確に表現する力」が問われる。試験は地形図や資料を正確に読み取る「記述」。写真や地図、グラフなどを使った4択問題の「マルチメディア」。あらかじめ定められたコースを歩き、チェックポイントで地形断面図や土地利用図の作成などを行う「フィールドワーク」の3種目で行われた。問題は全て英語で出題され、英語での解答が義務付けられている。

 表敬後に取材に応じた佐藤さんは「問題が非常に難しく、メダルが取れるか怪しいなと思っていたので、ほっとしている」と喜んだ。岩倉さんは「オリンピックに向けて勉強する中で、地学や都市地理学など幅広い知識や視点を身に付けられた」と話した。森田さんは「英語力がかなり問われる試験だった。この結果を今後の進路に生かしていきたい」と話した。

 メダルを獲得した3人には文部科学大臣表彰、新山さんには文部科学大臣特別賞が贈られ、末松文科相から一人一人に賞状が手渡された。
 
 また生物、物理、数学、化学の各国際オリンピックの結果も発表された。化学オリンピックでは出場選手4人全員が金メダルを受賞するなど、4教科で計6人が金メダル。8人が銀メダル。4人が銅メダルを獲得した。

 地理以外の結果は次の通り。

第33回国際生物学オリンピック(主催国:アルメニア)
  • 金メダル
    三田村 大凱さん 灘高校3年
  • 銀メダル
    嶋田 佐津さん 東京都立立川高校3年
  • 銅メダル
    川上 航平さん 久留米大学附設高校3年
第52回国際物理オリンピック(主催国:スイス)
  • 銀メダル
    大倉 晴琉さん 埼玉県立大宮高校3年
    三宅 智史さん 東海高校3年
    埜上 照さん 宮城県立仙台二華高校3年
  • 銅メダル
    喜多 俊介さん 筑波大学附属駒場中学校3年
    山下 航弥さん 大阪教育大学附属高校天王寺校舎3年
第63回国際数学オリンピック(主催国:ノルウェー)
  • 金メダル
    沖 祐也さん 灘高校3年
  • 銀メダル
    北村 隆之介さん 東京都立武蔵高校2年
    新井 秀斗さん 海城高校3年
    井本 匡さん 麻布高校3年
    三宮 拓実さん 福岡県立福岡高校3年
  • 銅メダル
    北山 勇次さん 札幌市立札幌開成中等教育学校6年
第54回国際化学オリンピック(主催国:中国)
  • 金メダル
    直井 勝己さん 浅野高校3年
    柏井 史哉さん 群馬県伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校6年
    石川 貴士さん 筑波大学附属駒場高校2年
    中地 明さん 立命館慶祥高校3年
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

あなたへのお薦め

 
特集