元文科省局長に有罪判決 私大支援事業巡る汚職事件

 文科省の私立大支援事業への選定に関して東京医科大学に便宜を図った見返りに、次男を同学の入試に合格させてもらったとして、受託収賄罪に問われた同省の元科学技術・学術政策局長、佐野太被告(62)に対する判決公判が7月20日、東京地裁(西野吾一裁判長)であり、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年6月)の有罪判決が言い渡された。判決を受け、文科省は「有罪とされたことは誠に遺憾。省としては判決内容を精査して、厳正に対処してまいります」とコメントした。

元文科省局長らに有罪判決が言い渡された東京地裁

 このほか、贈賄罪に問われた同学前理事長、臼井正彦被告(81)は懲役1年6月、執行猶予4年(同懲役1年6月)、前学長の鈴木衞被告(73)は懲役1年、執行猶予2年(同懲役1年)。

 判決によると、佐野被告は同省官房長だった2017年5月ごろ、独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学を支援する「私立大学研究ブランディング事業」の選定に際し、臼井被告らから便宜を図るよう依頼され、その謝礼として同学を受験した次男を加点のうえ合格させる見返りがあったとした。

 公判で佐野被告は無罪を主張していたが、西野裁判長は「加点などの優遇措置が見返りになるという共通認識のもとで、臼井被告から事業計画書の記載について助言や指導を頼まれ、佐野被告が承諾したと推認できる」と判断。さらに次男の合格について「入学手続きをすることで医学教育を受けることができるので、正規合格者の地位を与えられたことが利益に該当する」として賄賂と認定した。

 東京医科大学の矢﨑義雄理事長は20日、判決後に「今後とも、入学試験を含めて、適切な大学運営に取り組んでいく所存です」とするコメントを発表した。

 この事件を巡っては、東京医科大学の内部調査で、入試において女子や浪人生を差別的に扱ったりするなどの不正操作が判明。事態を受けて、文科省は18年に、医学部のある全国81大学に対して、特定の受験者への加算や女子浪人生を不利に扱うなど、過去に不正な入試がなかったか調査した。その結果、国立大学1校と私立大学9校が「不適切」もしくは「不適切な可能性が高い」と指摘され、医学部入試を巡る不正が明るみになった。

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

あなたへのお薦め

 
特集