小野訓導殉職から100年 水の事故防止に取り組む元教諭

 宮城県蔵王町の白石川のほとり。「白鳥飛来地」としても知られる風光明媚(めいび)なこの地でかつて、教え子を救おうと一人の訓導(旧制小学校の教諭)が命を落とした。この訓導の殉職から今年でちょうど100年。改めて水難事故の怖さと防ぐ手だてを見直したい。

「よくぞ死んでくれた」
殉職した小野さつき訓導(遺徳顕彰会提供)

 1922(大正11)年7月7日、刈田郡宮尋常高等小学校に着任して3カ月余りだった新米教師の小野さつき訓導は、野外写生のため受け持ちの4年生56人を白石川に引率した。

 厳しい中にも児童への優しさと思いやりにあふれていたという訓導。この写生でも一人一人に助言と励ましの声掛けをしながら熱心に指導していた。しかし気温が30度近くまで上がる中、数人が「水遊びをしたい」と訴え始めた。当初は禁止していたものの再三せがまれ、訓導は写生を終えた児童に「足だけなら」と許可した。

 その後もほとんどの児童が写生を続ける中、突如叫び声が上がった。3人の男児が足を滑らせて急流に落ち、もがきながら流されていたのだ。とっさのことに訓導ははかまを脱ぐ暇もなく飛び込み、まず近くにいた一人を救出。続けてもう一人を助け上げた。

 さらに3人目を救おうとよろめきながら川へ向かった訓導。しかし力尽き、激流に飲み込まれて残る一人の男児とともに命を落とした。

小野訓導が殉職した白石川のほとり(中田雄貴氏提供)

 訓導は21歳の若さだった。両親にとっては、将来ある娘の突然の死。遺徳顕彰会によれば、訓導の父は遺体を前に「よくぞ死んでくれた」と語ったという。同会は「教え子を死なせ、自分の娘だけ生き残っては申し訳が立たないという気持ちだろう」と推察する。亡くなった男児の父親も「息子のために先生を死なせてしまい、申し訳ない」と語ったという。

 訓導の殉職は新聞や雑誌で全国に報じられ、葬儀には1万人もの人が参列した。当時の文部大臣から表彰状が贈られたほか、作曲家の山田耕筰が唱歌「小野訓導の歌」を発表し、訓導がよく歌っていた歌を声楽家の三浦環が演奏会で捧げるなど、死を悼む声が各方面から上がった。

後を絶たない水難事故

 訓導の勤務校は現在の蔵王町立宮小学校。同校では毎年7月7日、同町長主催で訓導の追悼式を実施してきた。訓導の百回忌を節目に式は昨年で終わりを迎えたが、追悼集会は今年度からも毎年開かれ、同校の敷地内には町所有の顕彰館が残る。

川面を見守るように立つ石柱の碑(中田雄貴氏提供)

 小嶋留理子校長は「追悼集会だけではなく、総合的な学習の時間で訓導について調べる学習をするほか、訓導が亡くなった地を清掃するなど、訓導について学びながら命の尊さや思いやりを伝えている」と語る。

 一方で、水に関わる悲劇は絶えない。2020年8月には、訓導と男児が命を落としたのと同じ白石川で、同県柴田町の中学生2人が川遊び中に流され水死するという痛ましい事故が起きた。現場付近では18年にも、大学生が釣りをしていて流され亡くなる事故が起きている。

 教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は「水辺で遊ぶときにはいくら注意をしていても、いくら子供に水の危険性を教え込んでも、悲惨な事故は起きるときには起きる」とした上で、「少しでもリスクを減らすには、ライフジャケットを着用させるなどの対策を講じておくべきだ」と訴える。

「ライジャケサンタ」の元教諭

 「子供が川や海で溺れる事故を防ぎたい」――。そう強く願い、20年以上務めた小学校教諭の職を辞して、ライフジャケットの必要性を広めようと取り組む男性がいる。「子どもたちにライジャケを!」代表の森重裕二さんだ。

「ライジャケサンタ」こと森重裕二さん(本人提供)

 森重さんは京都教育大学卒業後、故郷の滋賀県に戻り公立小学校に勤務していた。精力的に職務に励み、2010~15年には『1日15分で学級が変わる!クラス会議パーフェクトガイド』など3冊の著書を刊行。本紙でも文教大学教育学部の会沢信彦教授が15年に、当時連載していた「教師の“4ぢから”を高める6まとめる力」で、森重さんの著書について「参照をすすめます」としていた。

 一方でカヤックを学生時代からの趣味とし、何度も流れにのまれ水の怖さを身にしみて知っていた森重さん。教員になって間もない頃、児童を水辺に連れて行く学校行事があり、その準備をしながら「カヤックでは『アタリマエ』だった安全に対する考え方が浸透していない」と、安全性を危ぶんでいた。

 とはいえまだ若く、経験年数も少なかったため意見を出せないまま当日を迎えた。そしてその行事で、一人の児童が溺れてしまう。「一瞬の出来事だった」という森重さん。水深が浅かったので救助できたものの、「本当に危ない瞬間だった」と振り返る。

 この事故をきっかけに、「危ないと思っているなら、意見したり必要なものを準備したりしないといけない」と確信し、勤務校で水の怖さを訴え、ライフジャケットを複数の外部団体から借りて準備するようになった。その熱意が学校全体を巻き込み、数年後には行事に参加する児童全員の人数分に当たるライフジャケットをPTA会費で購入するにいたったという。

重要なのは「もの」の準備

 取り組みが進んでいると実感していた07年の夏、市内で悲劇が起こる。市教委が主管する体験学習で2人の児童が川の事故で亡くなったのだ。森重さんは「新聞で知り、涙が止まらなかった」といい、「もっと市内の人に知らせていれば。もっと大きな声で叫んでいれば」と自身を責めたと話す。

 「この事故をきっかけに腹をくくった」といい、その日のうちにホームページを立ち上げ、毎日のSNSでの発信やライフジャケット着用教室の開催、イベントでのブース出展などを中心に活動を広げていった。

 活動では、企業や個人からの支援を元手にライフジャケットを購入し、「ライジャケサンタ」の名で自治体などへの寄付もしていたものの、不十分ではないかとジレンマを感じ、19年3月に退職。香川県で石材加工の仕事をしながら取り組みを拡大していった。同県教委と協働する「香川モデル」事業では、学校などがプールでの安全指導や着用体験に使用できるよう、200着のライフジャケットを貸出用に備える「ライフジャケット・レンタルステーション」を展開している。

 「この香川モデルで重要なのは、『もの』が準備されていること。『もの』があれば、隠れていたニーズが顕在化して活用が広がっていく」と森重さんは話す。「ニーズがないのは啓発が不十分だからだと思っていたが、活用したいという認識が広がるためには、まず『もの』がなければならないと気付いた」。

 「水の事故を防ぐ」というねらいを実現可能にする、具体性のある取り組み。全国的にも高い評価を受けるようになり、森重さんは今年、JOLA(ジャパンアウトドアリーダーズアワード)優秀賞と特別賞を受賞した。

それでしか守れない命

 森重さんが強調するのは、「どうすれば事故を防げ『た』のかではなく、どうすれば事故を防げ『る』のかを話題にすべきだ」ということ。一方で、20年以上の教員経験から、学校でライフジャケットの着用や購入を「アタリマエ」に変えるのは難しいと話す。

水難事故の怖さを分かりやすく伝える絵本

 その上で示す打開策の一つが、絵本での学びだ。「水の安全に詳しくなくても、絵本なら子供から大人まで誰でも理解しやすく、関心を高めてもらえるのでは」と語る。そうした思いで自らも絵本を企画。森重さんが文を、滋賀県在住の絵本作家である市居みかさんが絵を手掛けた絵本『かっぱのふうちゃん』(子どもの未来社)を5月に出版した。

 ライフセーバーや大学の研究者など、水辺の安全に詳しい専門家10人以上から助言を受けて物語を構成したという。「ふうちゃん」が危ない場所やライフジャケットの着用方法を学びながら、水辺で楽しく遊ぶというストーリーだ。

 森重さんは「6~7月には、水泳指導の時間でも雨などでプールに入れない日がある。そういう機会に活用してほしい」と話す。

 加えて、全国の学校教員に向け、「授業や事前学習で活用できる動画や資料は、ホームページに掲載している。また、連絡し相談してくれれば協力する」と語り、「あらゆる手だてをいきなり取り入れることはできない。できることから一つずつ呼び掛けてほしい。それでしか守れない命があることを知ってもらいたい」と力を込める。

 これまでスポーツ庁や文科省の担当者、国会議員などにもライフジャケットの重要性をプレゼンしてきた森重さん。「ライフジャケットを活用した水泳の授業が、スポーツ庁の予算で実施されるようになった」といい、「来年には香川モデルのような形で、10を超える自治体がライフジャケット・レンタルステーションをスタートできそうだ。全国各地で主体的な動きが生まれることで、ライフジャケットの着用が広がっていくと信じている」と期待を語った。

(小松亜由子)

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

あなたへのお薦め

 
特集