(本紙解説陣が見る 教育ニュース振り返り)ジャーナリスト 斎藤剛史

昨年を振り返ると、それこそさまざまなことがあった。だが、あえて挙げると、昨年1月に文科省が発表した公立小・中学校の適正配置の手引、6月の改正学校教育法の成立、12月21日の中教審「学校と地域の連携・協働の在り方」答申の3つを選ぼう。それらが、これからの公立小・中学校が直面する課題を、端的に示しているからだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。