主体性ラグビーで花園へ 部活改革の旗手、静岡聖光

雨上がりのグラウンドには、緊張感が張り詰めていた。静岡市の静岡聖光学院中学校・高校(岡村壽夫校長、全校生徒437人)は、今年度の第98回全国高校ラグビー大会に静岡県代表として出場。年末年始にかけてラグビーの聖地・花園で戦う。同校ラグビー部は週に3回、各1時間という少ない練習時間の中で優れた実績を残しているだけでなく、今年は部員自らが「部活動サミット」を開催するなど、部活動改革の旗手としても知られる。

■主体的なチームづくり
取材に訪れたのは、全国大会を目前に佐々木陽平監督が練習を見る最後の日だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。