教育課程の改訂に向け 着地点を踏まえた研修を

小・中学校の新学習指導要領の告示が平成28年度中に実施されると、新教育課程は、小・中学校はそれぞれ32、33年度から全面実施の流れとなる。高校の場合は1年遅れの告示と34年度から年次進行による実施となる。この間、新学習指導要領の一部が実施可能となり、また一定の内容が移行措置として実施されることが予想される。学習指導要領の解説も漸次作成発行される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。