教職員の定数改善 教育課題対応に向け完全実施を

文部科学省は、来年度からの少人数学級の推進と教育課題への対応で「新・公立義務教育諸学校教職員定数の改善計画(案)」を公表した。先の中央教育審議会初等中等教育分科会の「今後の学級編制と定数の改善について」(平成22年7月26日)による提言に基づいたものであろうが、学校現場では待ちに待った施策として完全実施を期待している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。