コミュニティ・スクール 教師の多忙感解消を第一に

学校と地域が互いに信頼し合い、協力し合って教育に当たるというコミュニティ・スクール(学校運営協議会)制度。その設置校の教育長の見解を聞く文部科学省主催の「コミュニティ・スクールの在り方を考える『熟議』」という会議が10月12日に都内で行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。