子どもと向き合う時間 教委と管理職の取り組みで確保

新教育課程の全面実施が迫りつつある。準備は万全だろうか。新学習指導要領の趣旨を踏まえた教育課程の編成と新たな指導内容については、移行期間中、各種の研究会や研修会が開催され、円滑な全面実施に向けて指導時数の確保を含めたカリキュラム編成を行うなど、積極的に取り組んできた学校が多い。全面実施への不安材料は、それほど見当たらないように思われる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。