「幼小接続」の報告案 現場の地道な実践化を望む

文部科学省の幼児期の教育と小学校教育の円滑な接続の在り方に関する調査研究協力者会議(無藤隆座長)は10月15日、省内で第10回の会議を開き、最終的な報告案をまとめた。前回の座長試案を手直しして、この日の論議を踏まえて多少修正を加えたもので、今月末には正式な報告書にまとめる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。