小児科医の重要性 心の診断体制の充実を

最近、子どもの発達障害、自閉症、摂食障害、肥満などの診断、治療に欠かせない小児科医の不足が問題視されている。専門集団である小児科医の組織としては、約100年の歴史を持つ日本小児科学会がある。この学会は、小児科学を発展させて社会に貢献することを目的とする学術団体で、関連学会としては、日本小児心身医学会、日本小児保健協会、日本小児精神神経医学会などがある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。