常用漢字表改定 指導時間の確保など適切な配慮を

漢字使用の目安となる「常用漢字表」が29年ぶりに改定され、内閣告示第2号(平成22年11月30日)として告示された。今回の改定は、難しい漢字も簡単に打ち出せるパソコンや携帯電話などの急速な普及といった情報化の進展に伴い、日常の文字使用環境が大きく変化した時代状況に対応して改定されたものである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。