都教委の「ストレス検査」 精神疾患の解消に大きな期待

ストレスが原因で精神疾患など「こころの病」に悩む教職員をなくそうと、東京都教育委員会は昨年末、全国に先駆け、来年度から都内公立学校の全教職員約6万人を対象に、定期健康診断の項目に「ストレス検査」を追加して実施すると発表した。全教師を対象に「ストレス検査」をするのは全国初の試みで、その結果が注目される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。