増える「ひきこもり」 望まれるキャリア教育の強化

内閣府が平成22年2月に実施し、同年7月に公表した「若者の意識に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)」の結果によると「職場になじめなかった」などの理由による「ひきこもり」が増えている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。